妊娠・切迫早産・出産・子育てを応援する情報ブログ

切迫早産の症状と兆候は4つ!自覚症状がわかりにくいので注意!

コト
WRITER
 
切迫早産の症状・兆候
この記事を書いている人 - WRITER -
コト

切迫早産の症状や兆候はとてもわかりにくいです。

 

一般的に、お腹の張りの頻度エコー検査で切迫早産が判明します。

 

しかし、お腹の張りは、風船が入っている感じや、バレーボールが入っている感じなど、人によって全然感じ方が違います。

 

何より、初めての妊娠であれば、その感覚に気付けないことの方が多いです。つまり、自覚症状はとてもわかりにくいです。

 

パパっとワールドママ

私の時は、妊娠30週の妊婦健診で急遽切迫早産と診断されて、その後すぐ入院が決まりました。

 

ここに至るまでに、

全く自覚症状がありませんでした!

 

実際は、症状という症状はあったのかもしれませんが、はじめてのことで気付けませんでした。妊婦健診の検査結果から、子宮頚管長は22mmという診断を受けました。

 

これは、妊娠30週目の切迫早産の目安になる頚管長25mmを下回る結果でした。

【補足】

切迫早産という診断は、妊娠22週以降の診断になります。妊娠22週以前に出血したり、腹痛を起こす似たような症状が出た場合は、切迫流産という診断名になります。

 

【関連記事】

●切迫流産の原因はストレス・動きすぎ・冷え!今すぐ正しい対処を

 

先に話してしまうと、切迫早産の症状・兆候は4つあります。

 

4つの症状・兆候
  • お腹が張る
  • 下腹部が痛む
  • 出血がある
  • 破水する

 

これら4つについて詳しく話していきます。

 

お腹の張りが治らないのは切迫早産かも?

妊娠して、赤ちゃんも徐々に大きくなっていきます。つわりが終わり、妊娠16週以降の安定期に入ると快適に生活できるようになります。妊娠16週~27週目の間に、お腹の張りは起こらないのが普通です。

 

そのため、切迫早産の起点になる妊娠22週以降から考えると、妊娠22週〜27週の間に、お腹が張る症状が起こった場合は、切迫早産の可能性が出てきます。

 

しかし、お腹の張りは、基本的に張っていても、安静にしていることで治る一時的なものが多いです。安静にしていてもお腹の張りがなかなか治らない場合は、切迫早産の疑いがあります。

 

安静にする時間については、30分以上安静にしていてお腹の張りが治らない場合は、注意が必要です。

 

また、頻繁に起こったり、一定の間隔で起こる場合は、かなり切迫しています。

 

切迫早産の症状・兆候
  • 妊娠22週~27週の安定期にお腹が張る
  • お腹の張りが30分以上続き安静にしても治らない
  • お腹の張りが頻繁に起こる
  • お腹の張る間隔が一定の間隔で起こる

 

下腹部が痛むのは切迫早産かも?

下腹部が痛む症状は、お腹の張りがとても強く出た時に感じることがあります。

 

そして、この下腹部の痛みは、ひどくなるとそのまま陣痛につながる可能性があります。そのため、お腹の張りであると判断できれば、すぐに安静にしましょう。

 

また、下腹部の痛みは治まったが、お腹の張りがなかなか治らない場合は、切迫早産かもしれません。

 

しかし、強く下腹部が痛む症状は危険を知らせるサインかもしれません。痛みが激痛であれば、常位胎盤早期剥離の可能性があり、緊急を要します。そのため、妊娠37週前に少しでも違和感を持ったら医者に相談しましょう。

 

切迫早産の症状・兆候

妊娠37週前の下腹部の痛み

 

妊娠37週前の出血は切迫早産かも?

基本的に、出産間近になると、おしるしと呼ばれる出血が起こる場合があります。

 

しかし、妊娠37週前に起きないことが普通であり、早産になる妊娠22週〜36週の間で出血がある場合は、切迫早産の危険を知らせるサインかもしれません。また出血がなくても、おりものが茶色い場合は血が混じっている可能性があるため、注意深く観察してください。

 

ちなみに、大量の出血がある場合は、前置胎盤の可能性があるため、すぐに病院に連絡しましょう。

 

常位胎盤早期剥離前置胎盤の詳細についてはこちらの記事の中で紹介しています。

 

【関連記事】

●もしかして陣痛?いつ病院に連絡するの?入院するタイミングは?

切迫早産の症状・兆候
  • 妊娠22週~36週で出血があった場合
  • 妊娠22週~36週でおりものが茶色だった場合

 

破水が起こると切迫早産?

破水は基本的に出産が始まる前に起こります。破水が起きたら数時間後には出産が始まると思ってください。

 

そのため、

破水をした時点でかなり切迫しています!

 

つまり、緊急を要する状態です。

 

少量の破水であれば、消毒などを行い妊娠を継続できるかもしれませんが、大量の破水であれば緊急出産になるかもしれません。

 

ちなみに、破水は意外と気付きにくいものです。妊娠後期になると尿漏れを起こすこともあるため、尿漏れと勘違いして軽視してしまうことがあります。

 

しかし、破水は自分が止めようと力んでも止まることがないので、止められるか止められないかで破水と尿漏れの判断はつきます。

 

切迫早産の症状・兆候

妊娠22週~36週に破水が起きた場合

 

兆候がなくても切迫早産と診断される場合がある

妊娠中には、妊婦健診を数回受けます。その健診の際に、内診やエコー検査の結果から、切迫早産と診断されることがあります。

 

それは、子宮頚管長の状態で判断しています。妊娠22週~29週の間で頚管長が35mm以下になった場合と、妊娠30週~36週の間で頚管長が25mm以下になった場合です。

 

 

気付きにくい切迫早産の症状と兆候

切迫早産は、はじめて妊娠を経験する人には、気付きにくいものです。

 

明確に、下腹部が痛くなったり、出血する症状が出ればわかるのですが、お腹の張りは特にわかりにくい症状です。

 

パパっとワールドママ

自覚症状は、一切ありませんでした!

 

お腹の張りもなく、出血もなく、下腹部が痛むこともなかったのです。

 

しかし、妊婦健診のエコー検査の結果から、子宮頚管長が22mmだとわかり、すでに基準値25mmを下回っているため、切迫早産と診断されました。

 

そのため、処置を行うために、数日後にお腹の張りを抑える錠剤を飲むことになりました。

 

しかし、錠剤では効果が出なかったため、点滴での処置を行うため、切迫早産として入院することになりました。

 

入院してから、お腹にモニターをつけるようになり、はじめてお腹の張りの感覚を知りました。

 

この時はじめて、今までもこんな症状があったと実感しました。それだけ経験がないと、お腹の張りは気付けない症状です。

 

しかし、一般的には、お腹を締め付けるような違和感や、お腹がバレーボールのように硬くなるといいますが、感じ方も多種多様で、個人差があるため、とてもわかりにくいです!

 

まとめ

初めての妊娠であれば、初めてのことだらけでわからない事も多いです。しかも、切迫早産の症状や兆候は、特にわかりにくいものです。

 

見落としがちな症状が多いため、普段からちょっとした変化を見落とさないように心がけましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
コト

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© パパっとワールド , 2019 All Rights Reserved.