妊娠・切迫早産・出産・子育てを応援する情報ブログ

切迫早産の入院費に医療保険は適用されるのか?上手なかけ方も解説

コト
WRITER
 
切迫早産の医療保険
この記事を書いている人 - WRITER -
コト

切迫早産の入院費に、医療保険が適応されるのか?

 

答えは、基本的に医療保険の適応範囲とされます。

 

しかし、実は、すべての医療保険が切迫早産に適応されるわけではないので、注意してくださいね!

 

そのため、これから医療保険の加入を検討している人は、医療保険の適用範囲をしっかり確認してから加入しましょう。

 

特に、女性特有の病気(妊娠中の病気)は、女性専用の医療保険があるので、通常の医療保険ではカバーしていないことがあります。

 

そのため、結婚して、これから妊活を行う夫婦は、特に注意して保険会社を選びましょう。

 

それでは、切迫早産の入院費の医療保険について、詳しく解説していきます。

 

【補足】

切迫早産で入院した場合に、医療保険・国民健康保険・出産育児一時金をしっかり組み合わせると、切迫早産の入院費は劇的に安くなるか、入院費が0円になるか、もしくはお金が戻ってきます。

 

そのくらいに、ちゃんとした手続きを行うと、多額の出費にはなりません。切迫早産の入院費を全部詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

 

切迫早産の入院費に医療保険は適用されるのか?

切迫早産の入院費に医療保険は適用されるのか?

切迫早産は病気というイメージがないため、医療保険は適応されないと考える人もたくさんいます。

 

しかし、大丈夫です!

 

適応する保険会社をしっかり選んでおけば、医療保険が適応され、給付金をもらうことができます。

 

ですが、逆を言うと、医療保険の種類によっては、切迫早産は給付金の対象外である場合もあります。

 

そのため、医療保険を検討している人は、必ず事前に保険会社に確認しましょう!

 

また、もうすでに何らかの医療保険に入っている人は、保険会社に適用範囲か確認してみましょう。

 

ちなみに、保険会社に確認した結果、切迫早産で給付金を受けられないと言われても、まだすぐに諦める必要はありません。

 

切迫早産で入院している人の中には、入院してから妊娠糖尿病が発覚する人もいます。また、途中で妊娠高血圧症候群になる人もいます。

 

そういった場合に、そちらの病気で保険会社に申請を出すと、給付金を受け取れる場合があります。

 

そのため、望みを取っておきましょう。

 

切迫早産の医療保険について(まとめ)
  • 切迫早産は、基本的には医療保険の適応範囲になる(女性専用の医療保険がおすすめ)
  • 切迫早産は、一部の保険会社では適応外なので事前に確認が必要
  • 切迫早産の入院中に、妊娠糖尿病もしくは妊娠高血圧症候群になった場合は、そちらで給付金を請求する
  • 妊娠中に保険に入ると、出産・子宮に関する病気の適応はできないため、医療保険に入るなら、妊娠前に入っておくべき

 

妊娠前にやっておくべき上手な医療保険の加入方法

妊娠前にやっておくべき上手な医療保険の加入方法

医療保険は任意保険であり、保険に入る時期を見極めることで、とてもお得な使い方ができます。

 

パパっとワールドパパ

妻は、体調を崩しやすい方だったので、妊娠してからかかる病気のリスクが高いと考えていました。

 

また、初産は特に切迫早産や妊娠糖尿病のリスクが高いと言われます。

 

そのため、事前に、切迫早産と妊娠糖尿病の給付金が出る医療保険を確認して、保険に加入しておきました。

 

ちなみに、医療保険に入るタイミングが重要です。

 

妊娠してからでも医療保険には入れるのですが、基本的に出産・子宮に関する病気は不担保とされるので、女性特有の病気の場合は給付金が出ません。

 

そのため、妊活を始めるときには、事前に医療保険に加入しておきましょう。

 

ちなみに、なぜ妊娠してからだと入れる保険が限られてしまうのか?

 

保険が限定される理由

保険会社としても、リスクのある人をバンバン加入させて、給付金をガンガン払っていたら、赤字で会社が潰れてしまいます。

 

そのため、保険会社は、リスクのある人を取りたがらないのが普通です。当たり前といえば、当たり前のことですね。

 

そのため、上手に医療保険をかけるのなら、妊娠期間だけ、必要な分をかけるのがおすすめです。

 

  • 妊活前に、医療保険に加入する
  • 出産をしたら、医療保険を解約する
  • 保険の掛け方は、余分なオプションは一切かけないこと

この3つが大事です。

 

ちなみに、医療保険の余計なオプションはつける必要がありません。医療保険の契約の時に、入院給付金だけをしっかりつけておきましょう!

 

パパっとワールドパパ

自分の場合は、妊娠前に医療保険に入って、出産後に解約したので、実質、医療保険の掛け金が約3000円を12ヶ月で3万6000円でした。

 

そして、実際に入院期間が1ヶ月と10日だったので、入院時一日7000円の給付金で設定していたので、7000円が40日分支払われて28万円をもらうことが出来ました。

 

このように、自分たちの置かれる状況に応じて、医療保険を選んで加入することで、上手に活用することが出来ます。

 

そのため、むやみに健康な状態からずっと入り続ける医療保険は、リスクも極めて少ないため、掛け捨てというよりはお金を捨てているようなものです。

 

いつかのリスクのために掛け捨てをする保険は、個人的にはあまりオススメできません。

 

医療保険で得られた費用のまとめ

(上手な加入方法)

医療保険に加入(掛け金)

毎月3,000円を12ヶ月支払う。36,000円のマイナス。

※出産後に解約している。

切迫早産で約1ヶ月10日入院。

医療保険の給付金を申請

入院給付金1日あたり7,000円を40日分もらう。280,000円のプラス。

結果的に、36,000円の掛け金で280,000円もらうことになります。保険適用外に割り当ててもお金は十分余りました。

 

医療保険の給付金を請求する方法【診断書の違いに注意】

医療保険の給付金を請求する方法【診断書の違いに注意】

医療保険ですが、給付金は自分でしっかり請求しないともらうことができません。

 

そのため、絶対に自分が入っている医療保険の内容を理解ておきましょう。適用範囲であっても給付金をもらわなければ、ただお金を捨てているようなものです。

 

それでは、請求方法について詳しく説明していきます。

 

保険会社に連絡

切迫早産で入院したことを伝えると、証券番号を聞かれて、その後保険内容を確認してくれます。適用範囲だと認定されると必要書類を郵送してくれます。

必要書類の記載と返送

必要書類には、診断書と給付金支払い請求書などがついてきます。診断書は、病院で書いてもらいます。

 

ちなみに、診断書はただではありません。約5000円かかります。

 

給付金支払い請求書は、自分で記入します。基本情報の名前・住所・口座番号程度の記入になります。全ての記入が終わったら保険会社に返送します。

給付金受取り

後日、給付金が給付金支払い請求書に指定した口座に入ります。

 

【補足】

保険会社の必要書類には、診断書がついてきます。

 

その診断書を病院に渡すと、

  • その診断書に書き入れてくれる場合
  • 病院側で別で作成した診断書をくれる場合

の2パターンがあります。

 

しかし、どちらも同じように使うことが出来きるので、大丈夫です。そのため、どちらかの診断書をもらったら、保険会社に返送しましょう。

 

ちなみに、稀に、保険会社仕様の診断書でないと、給付金の審査ができない場合があります。そのため、不安な場合は一度保険会社に確認してみましょう。

 

自分の場合は、保険会社に確認して、病院側の手書きではない診断書を使ったのですが、問題なく審査が通りました。

 

まとめ

切迫早産でも、医療保険は適用されます。

 

事前に保険会社に確認して、間違いのない契約内容にしましょう。

 

医療保険は掛け方次第で、とても大きな助けになります。

 

少しでも妊娠・出産を安心して乗り切るためにも、医療保険をうまく活用してみてはいかがでしょうか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
コト

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© パパっとワールド , 2019 All Rights Reserved.