妊娠・切迫早産・出産・子育てを応援する情報ブログ

切迫早産の不安は5人が吹っ飛ばす!忘れてはいけない身近にいる仲間

コト
WRITER
 
切迫早産の不安
この記事を書いている人 - WRITER -
コト

切迫早産の時はとても不安になります!

 

入院している妊婦さんなら、きっと心が折れてしまいそうです。

 

そんな悩ましい不安には、

  • 早産の不安
  • 副作用の恐怖・不安
  • 出産の不安
  • 入院費の不安

などがあります。

 

もう考えるだけでも精一杯です。

 

しかも、身動きできない状態なので、その不安を共有できる人も限られているのが事実です。

 

しかし、実はその限られた人たちこそ救世主でした。

 

絶対に、この人たちと絡んで欲しいです。

 

身近にいて、でも身近すぎて気付かなかった。夫でもわからない、共有できる女性同士の絆があると快適に切迫早産を乗り切れます。

 

 

大部屋の仲間に救われる!絶対に相部屋で入院した方が良いわけ

個室で入院する方が、1人の空間ができてゆっくりできる人もいると思いますが、切迫早産という大きな不安を抱えた時に、気持ちを分かち合える人の存在はとても大きいです。

 

個室では、同じ境遇の人と絡む機会を完全に遮断してしまうため、孤独感を味わいます。孤独感は、やがて不安・ストレス・恐怖を増幅させます。

 

入院中における不安感は、誰でも持っているものです。自分だけではなく、大部屋で一緒になった他の患者さんも持ち合わせています。それだけ、誰もがちょっとしたきっかけが欲しくて、不安を解消したいと望んでいます。

 

しかも、切迫早産であれば、産婦人科での入院になるため、まったく同じ切迫早産で入院している人も多いです。

 

同じ境遇で、しかも分かち合える仲間がとても近くにいます。

 

だからこそ、勇気を持って話して、お互いに応援できる仲間になったら励みになります。

 

パパっとワールドママ

相部屋で知り合った、同じ切迫早産を乗り越えた仲間は、今もママ友として交友関係にあります。

 

大きい不安の中で大きい絆ができて、今でも友達として仲良くしています。

 

こういった出会いも素敵であり、入院中の不安をともに共有してストレス発散したり、助け合ったりしていました。

 

またちょっと違う観点ではありますが、病院の夜が怖いという人などは、部屋に他にも人がいるので少し安心できるかもしれません。

 

そのため、いろんな意味でも、入院中の相部屋はとても良い環境だと感じます。

 

毎日来る看護師に相談すべき

いろんな不安を抱えている妊婦さんは、少しでも不安があれば、経験のある看護師さんにたくさん相談してみましょう。

 

看護師はいろんな妊婦さんと関わりがあるため、いろんな症状を見てきて対処してきた、まさにプロフェッショナルです。

 

妊婦さんにおける豆知識をたくさん持っています。

 

聞かない手はありません。

 

しかも、日替わりでいろんな看護師が来ることもよくあるため、その時に色々雑談を交えながら不安を聞いてもらいましょう。いろんな看護師からそれぞれ違った話がたくさん聞けます。

 

忙しそうだから話しかけづらいとか、関わるのが面倒とか思ってしまう人もいると思いますが、勇気を持って話してみると意外に楽しめるものです。

 

もしかしたら、看護師も忙しくて愛想がないこともあるかもしれませんが、誰でもそういった時はあります。

 

だからこそ、あまり深く介入することなく、やんわり聞いてみましょう。

 

夫は妻の不安を拭い去る同士になりうるか?

どうしても男性であり、女性特有の病気である以上、全部わかることは難しいと思います。

 

しかし、いざという時に頼りになるのが夫かなって思います。そのため、夫は仲間というよりは、頼りにする存在でいいと思います。

 

だからこそ、切迫早産で入院している最中は、無理を聞いてもらう人になってもらうことが大事です。

 

パパっとワールドパパ

自分はどちらかというとそうなのですが、態度として表さなくても、妻のわがままを聞いたり頼りにされるのは、実は嬉しいものです。

 

もしかしたら、皆さんの旦那さんもそうかもしれませんよ。

 

だからこそ、夫には裏方になってもらって、他の人には頼みにくいめんどくさい事をじゃんじゃん頼みましょう。

 

まさに自分の母親に甘える時です

女性であればきっと、母親との親子関係も深まる時期かもしれません。

 

親は、娘の出産の頃を思い出すかもしれません。

 

娘は、

親が自分を産んだ時どう思ったんだろう?

と感じるかもしれません。

 

母親に、その頃の思い出や、どう思っていたのか、今までになく味わい深い親子の会話をする時だと思います。

 

なんとなく、距離があった親と娘の関係が、親と子に戻る瞬間です。素敵な事だと、男性から見ても感じます。

 

だからこそ、気持ちを分かち合えたり、親になる大切さを母親から感じとれる時です。

 

親子水入らず、素直に向き合って、気兼ねなく、聞ける事を聞いて、とことん手助けをしてもらいましょう。

 

出産経験のある姉妹は心強い

姉や妹で出産経験のある人がいれば、気兼ねなく相談にのってくれるはずです。

 

誰よりもナイーブな事も話しやすい存在になれると思います。

 

夫や母親にも聞きにくい事ってあると思います。

 

しかし、姉妹って結構話せる存在になります。

 

無茶なお願いもしやすくて、多くの時間を割いて話し込む事もできる存在になれるはずです。

 

まとめ

切迫早産の時の不安は、多くの人と分かち合うべきです。

 

1人で抱え込むものではありません!

 

もちろん人とのふれあいは、不安をぬぐう意味でも大事ですが、素敵な友達ができたり、親子関係が深まったり、その人の大切さに気付けるとても大切なきっかけになります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
コト

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© パパっとワールド , 2019 All Rights Reserved.