妊娠・切迫早産・出産・子育てを応援する情報ブログ

プロフィール

 

 

 

よかったら読んでみてください!

次の順で説明していきます。

  1. サイト概要
  2. プロフィール

少し長いですが、よかったら読んであげてください!

 

サイト概要

妊娠・切迫早産・出産・子育て・知育菓子・知育玩具・子供とのお出かけなど、子育て世代を応援する情報ブログです。パパ・ママの経験や医療関係の方の経験を元に、皆さんの参考になるサイトを作っています。

 

パパだから出来る!

 

ママだから出来る!

 

みんなの出来る!を応援します!

 

少しでも今の生活を豊かにするためにも、ちょっとだけ皆さんの後押しが出来たら嬉しいです。

 

しっかりとした情報に基づいて、男性目線でズドン!と心に響くような記事や、違った視点でメカニズムに切り込んだ記事も書いていきます。

 

また、パパ友・ママ友から聞けたリアルな情報があれば書いていきます。

 

ちなみに、「パパっとワールド」を略して「ぱぱるど」と読んでいます。

 

team ぱぱるど メンバー

writer コト氏にたまに協力してくれる仲間たち

  • パパ S氏 子育て大好き・節約家
  • ママ Mさん のんびり主婦
  • ママ Yさん 3人の子供(女の子・男の子2人)を育てながらお店経営するタフママ
  • サブメンバーとして、看護師Mさん・小児科勤務Mさんにも協力いただいています。

 

プロフィール

ことパパ写真15

 

コト氏の経歴

【食品工場3年勤務】

製造オペレーター兼新人教育責任者

【大手企業13年勤務】

製造管理中間責任者

【退職】

子育てに専念・後ほど仕事につきます

 

 

仕事を辞めて子育てに専念しています

まず、仕事を辞めた理由には3つあります。

 

 

仕事を辞めた3つの理由
  • 仕事はいつでも探せるけれど、子供と過ごせる時間は今しかありません。妻や子供と、今を一緒に楽しもうと思いました!
  • 仕事の価値観も変わり、お金や仕事形態ではなく、もっと人付き合いを大切にできる仕事に就きたいと考えました!
  • 長く勤めると、社会理念に押しつぶされてしまいます。仕事はやらされるものではなく、やるんです!だからこそ、一度どっぷり浸かった社会生活を抜け出して、腐った自分を変えようと思いました!

 

 

もちろん安易ではなくて、仕事を辞めるまでたくさん迷い、妻への説得を積み重ねました。

 

 

この仕事を辞めた理由の中でも、特に重要視したのが、

  • 子供と過ごす今この時を大切にしたい!
  • 子育てを夫婦で楽しみたい!

これが一番の理由です。

 

 

結局、真剣に自分と向き合って、自分の人生において何が大事か?考えた結果なんです!

 

 

そして、今は子育てに専念しています。

 

 

子育てのためになぜ仕事を捨てることができたのか?

この答えには、自分自身の過去の不甲斐なさがあります。

 

 

自分自身が、何より仕事を優先して、家庭をかえりみなかった!そこまでとは言いませんが、結果的にそうだったと言わざる終えません。

もちろん、やることはしっかりやっていました。熱意はある方なので、まっすぐにやると決めたことはやる!そういった頼り甲斐はあったと思います。

しかし、結果的に妻の気持ちは理解できていませんでした。だからこそ、喧嘩を繰り返していました。

 

 

妊娠のつわりがひどい時に、何も家事をしない妻に苛立ち、暴言を吐くことも良くありました。そのため、よく喧嘩をして、ひどく妻を傷つけてきました。

さらに、切迫早産で入院した時も、喧嘩をして、出産を迎えて、赤ちゃんと過ごす毎日も、仕事で疲れたことを言い訳にして、そこまで子育てに協力しませんでした。

 

 

結局、自分勝手だったんです!

 

 

もちろん、仕事が大変なこともあったのですが、今思えば仕事を理由にして逃げるようにしていたと思います。

そして、新生児の一番大変な時期に、妻は睡眠不足や初めての子育てで精神的にまいってしまい、体調を崩すことが多くなりました。その数ヶ月後には、うつ病寸前までいきました。

 

 

しかし、そこでも自分は十分に手を差し伸べることが出来ずに、そのまま妻は実家に帰り、長らく別居状態になりました。

 

 

その後約一年を経て、また一緒に暮らし始め、少ししてから自分が仕事を辞めました。

 

 

ここで、自分は、

  • 家庭を大事にする
  • 子供との時間を取り戻す
  • 不甲斐ない自分への戒め
  • 素直に生きる

このようないろんな想いにかられ、仕事を捨てて子育てに専念することに決めました。ここに至るまでには、別居中の心の整理が大きな起点になっています。

 

ちょっとした補足

結局、夫婦間は子供が生まれてから大きな亀裂が入り、子供が6ヶ月の時に別居になりました。それまでは、妻の鬱憤うっぷんがたまりまくっていた状態ですが、なんとか妻が平常心を保ち続けてくれたおかげで、それなりの生活を送ってきた状態です。そのため、夫婦の大変な時期は、生後3ヶ月あたりに訪れました。結果的に、自分は生後6ヶ月〜1歳6ヶ月あたりまで、月に6回程度子供と会うことはあっても、それ以外は完全に別居状態で子供と会うことがありませんでした。この時ばかりは、子供も本当になつかなくなってしまい、とても寂しかったです。

 

 

実は一時期別居をしていた!その時に人生を見つめ直して色々学んで今がある!

別居の時に、「今までなぜうまくいかなかったのか?」こんなどうしようもない自分でも色々考えたんです。しかし、その間にも、夫婦の状況は悪化していき、一度は離婚という話にもなりました。

 

 

その中で、一度離婚してしまった方が楽だと思ってしまった自分もいます。

 

 

しかし、それは考えるだけでも、とてつもなく悲しいことでした。心が引き裂かれる想いです。

 

 

そう思えたからこそ、「今やるべきことは何か?」冷静に今を見つめ直すことができました。

 

 

まずは、妻の気持ちを全力で全て理解しよう!

 

 

そこに至りました!

 

 

別に、自分が暴力を振るうわけでもなく、何かが生活の支障になっているわけではなく、ただ夫婦の間に歪みがあるだけなのです。だからこそ、そこを解決すればいいだけでした。まずは、全身全霊で自分自身を変えようと考えたんです。

 

 

まず夫婦間の亀裂は、妊娠・子育てを通して起きたもので、自分自身もそこへの理解が足りないこともあったため、もっと妻のことを知るためにも、いろんな雑誌・書籍を読み漁り、妊娠・子育てについて猛勉強しました。

 

 

その時に身についた知識を前提に、パパ目線で妊娠・子育てについて本当に真剣に考えた時期です。

 

 

そして、考え方が180度変わりました!

 

 

そうすると、妻の妊娠や子育ての時の不安定な状況が、よくわかるようになりました。わかってからもう一度、今までのことを夫婦で話し合いました。「なんであの時はうまくいかなかったのかな?」と、ちゃんと振り返って、少しずつ2人の距離を埋めていきました。また、友人や同僚などにも、たくさん相談して、なんとなく自分なりにも心の整理が出来てきました。

 

 

そういった中で、自分含め、世の中のパパはまだまだ表向きの子育てしかしていないと痛感しました。正直、前の自分と同じ考えの人がまだまだ多いのです。また、そういったパパも、実は家族のために仕事を頑張っているのに、それとは裏腹に家庭をおろそかにする傾向にあると感じました。

 

 

だからこそ、このサイトでは、パパの子育てに対する考え方や、パパの子育てはどうあって欲しいかなどを織り交ぜながら情報提供しています。また、別居中に、妻のために学んだ妊娠・切迫早産・出産・子育てなど、多くの知識をわかりやすく詳細に提供しています。

 

 

ちょっと家庭としては、喧嘩や別居を繰り返してきた、なんとも頼りないドタバタ家族ですが、今後はパパもしっかり頑張って、家庭を大事にして生きていきます。

 

 

人ってこんなにも変われるんだってところを身を持って証明したい気持ちです!

 

 

ぜひ、自分の行く末を見守ってください!

 

 

今後の夢

日本という大きなステージで考えたいですね。

 

 

もうイクメンとか、そういった特別視はいりません。

 

 

なぜなら、子育ては普通だからです。

 

 

もっと、本当の意味での子育てをパパもするべきなんです。そして、それが普通になる社会であって欲しい。

 

 

そして、それを仕事というしがらみで不幸にしてしまうのなら、しがらみを取ってしまう生き方もありです。

 

 

結局、今!何が大事かってことなんです!

 

 

だからこそ、自由に自分の時間で生きて、のびのび子育てをしましょう。

 

 

今後は、家族と一緒に自由に過ごす自由業の提案なども、できたらやっていきたいと考えています。

 

 

スキル

  • ちょっとしたWEB専門家
  • ちょっとした子育て好き
  • 意外とタフ
  • 熱意が伝われば全力でサポートする実は熱い男
  • 家計簿を見直して徹底的に節約するのが好き

 

趣味

  • ガチャガチャが好きすぎる
  • 子供と一緒に花を育てる
  • 子供とボールで遊ぶ

 

 

Copyright© パパっとワールド , 2019 All Rights Reserved.