妊娠・切迫早産・出産・子育てを応援する情報ブログ

妊娠9ヶ月目の妊娠32週〜35週目!マイナートラブルの1番辛い時期

コト
WRITER
 
マイナートラブルが辛い時期
この記事を書いている人 - WRITER -
コト

妊娠9ヶ月目は、妊娠32週〜35週になります。

 

妊娠9ヶ月目を迎えると、お腹もかなり大きくなり子宮の圧迫によってマイナートラブルが1番辛い時期になります。

 

その後、妊娠10ヶ月目を迎える時には、子宮が下に降りるのでマイナートラブルは一部改善されてきます。そのため、マイナートラブルのマックスは妊娠9ヶ月目にやってきます。

 

このように、特にきついマイナートラブルの症状と妊娠9ヶ月目の変化を紹介していきます。

 

妊娠中のマイナートラブルも辛い時期になってくる

マイナートラブルも、子宮が大きくなるにつれて辛くなってきます。一体どんな症状が、どのように辛くなるのでしょうか?

 

胃の不快感は特に辛い

子宮が大きくなるにつれて胃を圧迫するため、胃の機能低下や不快感につながります。

 

また、胃が圧迫されて小さくなるため、食欲も落ちてしまいます。そのため、食事のバランスも崩れて便秘がちになります。その便秘が、さらに食欲を落とす原因にもなります。

 

胃は、子宮の上に位置するため、出産間近の妊娠10ヶ月になると赤ちゃんが下に降りてくるため改善されます。しかし、子宮が降りる直前の妊娠9ヶ月目は、特に辛い症状に悩まされます。

 

腰痛も辛くなってくる

大きくなったお腹を支えるため、腰にはすごく負荷がかかります。

 

お腹も前方にせり出すため、体のバランスを取るために腰にすごい負荷がかかります。また、妊娠中にでるホルモンの影響により、骨盤周りの靭帯を緩める作用が働くため、支える靭帯が弱く腰の筋肉に直接的に負荷がかかるようになります。

 

そのため、ちゃんとお腹を支えられるガードルタイプやコルセットタイプの腹帯で、腰への負荷を減らしてあげます。

 

それでも、きつくなったら横になって安静にすることも大事です。

 

頻尿であり尿漏れも起きやすい

お腹が大きくなるにつれて、膀胱を圧迫するようになり、トイレが近くなります。

 

しかし、妊娠9ヶ月にもなると、かなり圧迫されているので、ふとした時のくしゃみや咳で、尿漏れを起こしてしまうこともあります。

 

必要に応じて、尿漏れパッドなどを利用しましょう。

 

足がつりやすくなる

一つの原因として、カルシウム不足とも言われていますが、大体は、お腹が大きくなって足に負荷がかかることで、足が疲労しつりやすくなります。

 

特に、寝ている時や歩いている時につる人が多いです。しかし、足がつってもお腹が大きいため、すぐに対処できずとても苦痛な症状になります。

 

そのため、なるべく就寝前に足のマッサージを行い、一日の疲れをほぐしてあげることが大事です。

 

おりものの量が増える

妊娠9ヶ月にもなると、体が少しずつ出産準備に入っていきます。

 

子宮口が少しずつ柔らかくなるため、菌の侵入や増殖を防ぐためにおりものが増殖します。おりものの増加に伴って不衛生な状態にしておくと、かゆみを伴うカンジダ膣炎を発症する可能性も出てきます。

 

そのため、必要に応じておりものシートをした方が良いです。

 

寝つきが悪くなる

子宮が大きくなると、仰向けで寝るときに背中の右側に位置する大静脈を圧迫して、寝苦しくなります。

 

そのため、左側を下にしたシムスの体位で横向きになると熟睡できます。

 

静脈瘤になる

妊娠中のホルモンの影響や、お腹が大きくなることで足に負荷がかかり起こる症状です。

 

静脈瘤は、静脈がこぶ状に膨らんでしまうもので、特にふくらはぎに出来やすい症状です。

 

妊娠中はホルモンの影響により、静脈弁の働きが鈍くなり、血液の逆流を防ぐ働きが悪くなります。これにより、足元から心臓に向けて流す血液の流れが悪くなります。

 

よって、足に血流が滞り、血が溜まってしまう症状が起こります。これを改善するには、立ちっぱなしや座りっぱなしを無くし、なるべく同じ姿勢を継続的に行わないようにして、血流に変化を与えることが大事です。

 

肩こりもひどくなる

出産も近くなると、乳房も張ってきます。肩にかかる負荷も出てくるため、肩こりに悩まされる人も多くなります。

 

もともと妊婦さんは、ホルモンの変化・体型の変化・運動不足により血流が悪くなるため、肩こりになりやすい状態です。そのため、妊娠9ヶ月にもなると、さらに肩こりを悪化させる要因が増えてしまいます。

 

基本的な改善方法は、肩のマッサージ・ストレッチ・体を冷やさないなどがあります。血行をよくして肩こりを緩和させる方法です。

 

動悸・息切れが起こりやすい

急に心臓がドキドキしたり、息苦しい思いをした人も多いと思います。

 

大きくなった子宮が、横隔膜を押し上げて息苦しくなったり、血液の流量が増えることで心拍数が上がります。

 

対処法としては、症状が出たら安静にすることです。

 

お腹の張りを感じることが多くなる

この時期になると、激しい胎動や体の疲れから子宮収縮が起きやすくなります。そのため、お腹の張りを感じるようになります。

 

このお腹の張りが一定間隔で起こり始めて、間隔が短くなると陣痛になり出産につながります。つまり、妊娠9ヶ月目で気をつけないと、お腹が張りすぎて出産になってしまいます。この場合は、結果的に早産になってしまいます。

 

そのため、お腹が張ったらすぐに安静にして、お腹の張りがおさまるのをじっと待ちましょう。

 

妊娠9ヶ月にもなると、ちょっと無理して動いたりするだけでもお腹が張ってしまいます。なるべく、無理をしない生活を心がけることが大切です。

 

妊娠9ヶ月には赤ちゃんの名前も決めていこう

遅くても、妊娠9ヶ月には性別がわかっていると思います。

  • 男の子?
  • 女の子?

性別がわかれば、名前を決めていけると思います。

 

出生届は、生後14日以内に申請になっているので、余裕を持って名前を決めておきましょう。

 

出産後は、他にもいろいろやることがあり、名前をじっくり決める余裕がありません。

 

妊娠9ヶ月の赤ちゃんの変化

呼吸機能も成熟して、自力で生活できるまでに成長しています。

 

妊娠9ヶ月目で生まれてくると、免疫力などが未熟で病気にかかりやすいリスクはありますが、健康に生まれてくる可能性も十分にあります。

 

エコーでは、顔の表情も豊かになります。笑ったような顔や、泣いたような顔を見れることもあります。

 

まとめ

妊娠9ヶ月目は、マイナートラブルに悩まされる時期です。

 

地味に辛い時期ですが、無理のない生活を送りましょう!

 

また、赤ちゃんの性別がわかっていれば、夫婦で話し合いながら楽しく子供の名前を決めていきましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
コト

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© パパっとワールド , 2019 All Rights Reserved.