妊娠・切迫早産・出産・子育てを応援する情報ブログ

妊娠線はなぜできる?メカニズムを知ればいつから対策すべきかわかる

コト
WRITER
 
妊娠線はなぜできる
この記事を書いている人 - WRITER -
コト

妊娠してから、妊娠線が出来てしまわないか気にする人は多いと思います。出産後に、肌に肉割れのような跡が残ってしまうと大惨事です。

 

しかも、妊娠線は薄くはなりますが・・・消えることはありません!

 

それだけ、今後ずっとお付き合いする肌トラブルになるのです。

 

女性であれば、肌トラブルはショックが大きいと思います。だからこそ妊婦さんにとって、妊娠線は大きな悩みです。

 

一般的には、妊娠線の対策は保湿と言われます。確かに間違ってはいません。

 

しかし、「妊娠線には、保湿というスキンケアだけしておけば大丈夫!」

 

実は、これは間違っています!

 

保湿だけでは足りません!

 

何よりメカニズムを知らないで、対策しても対策にはなりません。

 

保湿以外にも、自己管理をしておかないと妊娠線は出来てしまう可能性があります。まずは、妊娠線が出来てしまう原因を知って、対策する意味を知りましょう。

 

基本的には、

  • 体重管理
  • 早めのスキンケア
  • マッサージ

が大事になります。

 

妊娠線はなぜできるのか?

妊娠線ができるメカニズムが大事です!

 

実は、ちゃんと保湿することも大事ですが、自ら妊娠線を作ってしまわないように気をつけましょう。

 

また、ちょっとしたことでリスクは減らせます。

 

妊娠線は、皮膚のコアな部分である皮下脂肪の柔軟性がないことと、皮下脂肪が一気に引き伸ばされると裂けてしまうことが原因です。

 

それが外見の皮膚を沈下させてしまうことで妊娠線は起こります。

 

つまり、皮下脂肪が重要になります。

 

妊娠中に一気に体重が増えてしまう場合に、脂肪が付き皮下脂肪が裂けてしまうと妊娠線ができます。そのため、つわりが終わって、急に食欲が湧いた時に暴飲暴食して体重を一気に増やしてしまうと、自ら妊娠線を作りにいっている状態になります。

 

妊娠中に痩せすぎはダメですが、適度にゆっくり時間をかけて体重を増やしていきましょう。

 

また、皮下脂肪の弾力性があれば、裂ける心配はありません。そのため、前もってスキンケアをして、保湿することが大事です。

 

  • 皮下脂肪を保湿して柔らかくしておくことが大事
  • 優しくマッサージをして、ほぐしておくことで柔軟性を維持できる

 

このように、何が起因して妊娠線を作っているのか理解しておくと、何をするべきかわかってきます。

 

妊娠線はいつからできるのか?

妊娠線は、早い人で妊娠5ヶ月頃から出来始めます。

 

早く出来てしまう人の傾向としては、つわり症状がなくなり一気に食べるようになり、体重が一気に増加してしまった人に多いです。

 

しかし、体重管理がしっかり出来ていても、妊娠している以上妊娠線ができてしまう可能性は十分にあります。

 

そのため、特に体重管理に問題がなくても、一般的にはお腹がとても大きくなる妊娠8ヶ月目あたりから妊娠線が出来やすくなります。

 

妊娠線はいつから対策すればいいのか?

妊娠線が出来やすくなる妊娠8ヶ月目では遅すぎます。

 

少し早すぎるくらいでもいいです。正直、妊娠するとホルモンの変化で肌は荒れやすくなります。そのため、早い人で妊娠4ヶ月あたりから行う人もいます。

 

しかし、つわりが落ち着く妊娠5ヶ月から対策していけば十分です。保湿クリームなどを利用して、継続的なスキンケアをしていきましょう。

 

まとめ

妊娠線には、

  • 保湿
  • マッサージ
  • 体重管理

が大事です。

 

少しでも皮下脂肪を柔軟にして割れない脂肪を作りましょう。

 

そして、妊娠線にはスキンケアも大事ですが、ちょっとした自己管理も大事になります。後悔しないためにも、自分の体をいたわっていきましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
コト

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© パパっとワールド , 2019 All Rights Reserved.