妊娠・切迫早産・出産・子育てを応援する情報ブログ

【ここだけ!】妊娠線クリームのママミーの口コミと裏付け効果

コト
WRITER
 
妊娠線クリームママミー
この記事を書いている人 - WRITER -
コト

妊娠期間中に妊娠線が出来てしまうのは、女性としては致命的ですよね。

 

何より、妊娠線は一度できたら薄くなることはあっても、消えることはありません。そのため、一生悩み続ける肌トラブルになるのです。

 

妊娠期間中をおろそかにしてしまったばかりに、一生後悔したくありません。

 

しかし、ここで紹介する妊娠線クリームのママミーは、妊婦さんの体の変化を的確に捉えて、確かな効果を出します。ちゃんとした裏付けされる効果があるのです。

 

妊娠線クリーム【ママミー】は、

  • 独自技術のストレッチリペア処方で浸透力がよく、重要とされる皮下脂肪にまで成分がちゃんと浸透する(独自浸透技術)
  • オートファジーによる細胞のリサイクル効果によって、妊娠線の出来にくい体を作り上げる

といった一番重要なポイントを押さえています。

 

この独自技術こそが、ここだけ!という大きなポイントです。

 

パパっとワールドママ

わたしも、妊娠の時は、毎日欠かさず肌がベッタベタになるくらいに塗りまくって対策していました。結果的に、妊娠線はできなかったのですが、常に進化している妊娠クリームはここまできたんだな!と感心します。浸透力がすごく、妊娠線が出来てしまうメカニズムと言われる皮下脂肪にも、効果的にクリームが浸透していきます。これは今度妊娠したら使いたいなと思いました。

 

パパっとワールドパパ

妻の妊娠期間中に、妊娠線が出来ないようにひたすらあれやこれや迷って妊娠クリームを買い続けました。実は、夫も妻に妊娠線が出来てしまうのは嫌です。意外に黙っていても、妻には綺麗なままでいて欲しいと思っているんです。だからこそ、浸透力・塗り具合・効果・費用など、いろんな面から調べて妊娠線クリームを色々買っていました。今回の妊娠クリームママミーは、そういった観点でも結構良いと感じました。

 

結局、あまり良くない妊娠線クリームを使ってしまうと、

  • 浸透力が悪く、一度に大量に使ってしまう
  • 肌の表面についているだけで、すぐに取れて乾燥してしまう
  • 全く肌に潤いやハリが出ない
  • 塗っているのに、妊娠線が出来てしまった

といった後悔につながります。

 

そもそも、妊娠線クリームは高額なものなので、絶対に失敗したくありません。そういった意味でも、良いものを選びたいものです。

 

正直、妊娠線が出来てしまうメカニズムを知ると、妊娠線クリームママミーがどれだけいいか説明がつきます。

 

しかも、それはお客の口コミ・評判からもわかります。

 

【妊娠線クリーム ママミー】の評価は、顧客満足度第1位・人気第1位・口コミ評価第1位というアンケート結果が実際に出ています。



【妊娠線クリーム ママミー】公式ホームページ

このように、正直間違いない妊娠クリームと言えます。

 

例えば、

  • 皮下脂肪のサイクル
  • 皮下脂肪の潤いの重要性
  • 妊娠中の黄体ホルモンの影響

この3つを知るだけでも、どれだけ効果があるのかわかります。

 

今回は妊娠線クリームママミーが良いと思い、徹底的にメカニズムから効果と選ばれる理由をここでは書いていきます。

 

妊娠線クリーム【ママミー】とは

妊娠線クリームママミーとは?

とにかく、評価が高い妊娠線クリームです。

 

顧客満足度は90%を獲得!

 

インターネット調査では、まさかの3冠を達成しています!

 

顧客満足度 第1位

 

人気 第1位

 

口コミ評価 第1位

 

実際に使った人の意見も豊富で、その効果が実証されていることがわかります。しかも、多数のメデイアでも掲載されているほど、認知度もあり、効果が認められています。



妊娠線クリーム【ママミー】が選ばれる理由

妊娠線クリームママミーが選ばれる理由

 

効果的なオートファジー

ノーベル賞をとっている肌リサイクルシステムのオートファジー。

 

オートファジーは、効率的に古いタンパク質やミトコンドリアを除去して、新しいタンパク質を再生するリサイクルシステムです。

 

いわゆる、老廃物を除去する働きがあります。

 

では、なぜ老廃物があるといけないのか?

 

答えを言うと、老廃物がたくさんあると、妊娠線はできてしまいます。

 

ここで、少し妊娠線のメカニズムを話していきます。

 

妊娠線のメカニズム

古い細胞の老廃物がたまると、著しく肌の弾力を失います。そして、弾力のない皮下脂肪は、妊娠でお腹が大きくなるにつれて、裂ける可能性が出てくるのです。そして裂けてしまうと、皮下脂肪が裂けた場所に皮膚が沈下していきます。これが妊娠線になるのです。

 

つまり、皮下脂肪の弾力性は最重要なポイントなんです!

 

オートファジーが整うことで、効率的に細胞は生まれ変わり、肌に弾力が生まれ、妊娠線が出来にくい体を作るのです。

 

そして、妊娠線クリームママミーには、そのオートファジーをサポートするために、

  • アスパラガス茎エキス
  • 酵母エキス

が入っています。

 

アスパラガス茎エキス

オートファジーの調整に効果が高いとされるサポニンをたくさん含みます。

酵母エキス

オートファジーの促進に効果的なαグルカンを含みます。

 

この2の成分によって、効率的に細胞を新しくしています。

 

【ポイント】

妊娠線クリームママミーは、オートファジーを整えることができるので、妊娠線が出来にくい体を作ることができるんです。

 

ママミー独自技術のストレッチリペア処方の効果

これがすごいです。

 

すごいと言うより、妊娠線を作らないための重要ポイントです。

 

ここからは浸透力の話になります。

 

浸透力が重要な意味としては、妊娠線クリームが皮下脂肪に効率的に満遍なく浸透することが、妊娠線を作らないポイントだからです。

 

つまり、外部から取り入れる成分は、ちゃんと皮下脂肪に届いてこそ効果を発揮します。そこで、ママミー独自の水溶性成分と油溶性成分の配合によって、素早く皮下脂肪に妊娠線クリームが浸透します。

 

これによって、皮下脂肪は常に潤いや柔軟性を保てるのです。

 

【ポイント】

妊娠線クリームママミーは、ストレッチリペア処方によって、確実に皮下脂肪に潤いと柔軟性を届けます。

 

大容量の250mg

妊娠線ケアは、ピンポイントにしようとすれば、妊娠線クリームはそこまで減りませんが、身体中気になるところに塗っているとあっという間になくなります。

 

そのため、少しでも長く使える大容量は嬉しいです。しかも、妊娠線クリームを買いすぎて余ってしまっても、この妊娠線クリームママミーは、出産後も使い続けられるので安心ですね。

 

使いやすいポンプ式が嬉しい

頻繁に使うものなので、手軽であることは重要です。また、使う量だけ出せるので、無駄使いも減ります。

 

出すぎてしまうキャップ式のものでは、減りも早く、周りがベタベタになって滑りやすくなります。気をつければいいのですが、妻の場合は滑って落として一度中身がほとんど無くなりました。

 

敏感肌にも使える妊娠線クリーム

妊娠すると、ホルモンの変化によって肌は荒れがちになります。

 

妊娠がわかった時点で、妊婦さんは高温期に入ります。この高温期の時に黄体ホルモンが分泌しています。この黄体ホルモンは肌環境を不安定にさせます。

 

特に、

  • 脂っぽくなる
  • ニキビができやすくなる
  • 吹き出物ができる
  • 肌が荒れる

といった特徴があります。

 

つまり、妊婦さんは通常の時に比べて、肌が荒れやすい敏感肌になるわけです。

 

そのため、妊娠線クリームも敏感肌用である必要があります。その点でも妊娠線クリームママミーはクリアしています。

 

【ポイント】

妊娠線クリームママミーは、妊婦さんの敏感肌にも問題なく使える。

 

こだわりのISO認定工場で製造している

ISOの認定工場での製造なので、安心できます。

 

そうはいってもわからないと思うので、元認定取得工場勤務をしていた自分から説明すると、定期的に外部審査が行われ、ちゃんとした製造工程、製造管理、品質管理に準拠していないと取れない厳しい認定基準になります。

 

簡単にいってしまうと、「ちゃんとしたものを作っていますよ!」ってことです。

 

さらに、「外部審査も入るから、しっかり作りましょうね!」ということでもあります。

 

つまり、常に厳しい目で監視されている工場といってもいいでしょう。そのため、決して変なものを作ってはいません。

 

GMP基準をクリアした安心な成分

厚生労働省が定めた化粧品GMP基準をクリアして、しかもさらに厳しく独自基準もクリアしています。

 

  • 放射性物質試験
  • アレルギーテスト
  • スティンギング
  • パッチテスト

 

このようなテストを行い、

  • パラベン
  • アルコール
  • 合成香料
  • シリコン
  • ラノリン
  • サルフェート
  • 石油系界面活性剤
  • 鉱物油
  • 合成着色料
  • 加水分解コムギタンパク
  • 紫外線吸収剤

といった肌トラブルの原因になる可能性のあるものは徹底的に排除しています。

 

美容成分が豊富

 

シラノール誘導体

妊娠線ケアとして実績のある成分で、皮膚の弾力・ハリを強くします。

 

りんご・アルガン幹細胞

欠損した細胞を再生させる細胞です。高い抗酸化力で、エイジング効果を促します。

 

エラスチン

もともと肌に存在する弾力性のあるタンパク質です。皮膚の柔軟性・弾力性・ハリを保つ成分です。

 

セラミド

摩擦や紫外線などの外部刺激から肌を守るバリア機能があります。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンCを改良して、浸透力をあげたものです。抗酸化作用があり、肌の弾力を保つことができます。

 

アルガンオイル

スキンケア成分では有名で、皮膚のバリア機能と保湿を行います。

 

ヘスペリジン

抗酸化作用があり、抗炎症作用もあり、肌トラブルを改善します。

 

コラーゲン

皮膚の弾力をあげる効果と、皮膚を強くする効果があります。

 

シアバター

保湿効果があり、水分をしっかりと肌に閉じ込めます。また、抗酸化作用もあります。

 

ホホバオイル

保湿効果・雑菌の繁殖を抑える効果などがあります。肌を綺麗に保つ成分です。

 

ヒアルロン酸

肌になじみやすく浸透力もあります。高い保湿効果・肌のバリア機能があります。



妊娠線クリーム【ママミー】の口コミはどうなのか?

妊娠線クリームママミーの口コミ

 

良い口コミ

  • 心配だった妊娠期間中の荒れた肌にも浸透して、なめらかな使い心地でよかった
  • つわりの時期だったので、無香料で安心しました。今までの妊娠線クリームでは、においで気持ち悪くなって大変でした
  • 大容量なので、量を気にせず使えて満足

 

悪い口コミ

  • 購入できる店舗やネットショップが少なく購入が困難
  • 比較的、他の妊娠線クリームに比べて値段が高い



ママミーの値段は他の妊娠線クリームに比べて高いのか?

妊娠線クリームママミーは高いの?

一見他の妊娠線クリームと比較すると、割高に見えますが、量が多いので、量換算で考えるとそこまで高くありません。

 

しかし、若干割高なのは事実です。

 

ですが、実はママミーを、他の妊娠線クリームより安く買う方法があります。それについては、次の項目【ママミー定期購入がどこよりも安い】で詳しく説明していきますね。

 

でも、他の妊娠線クリームをリサーチすると、肌サイクル・保湿という観点では効果を明確にしていますが、浸透力に関しては明確なメカニズムを説明していないところが多いです。

 

結果的に、ママミーの妊娠線クリームは、独自処方で浸透力に着目しているところがすごいんです。

 

だからこそ、若干割高でも高くは感じません。

 

しかも、今なら公式サイトにて初回に限り、7200円が2980円と破格の値段で売り出しています。強気の値段を出してくるところも、正直自信の表れですね。

 

結果的に、どこよりも安く購入できて、効果もピカイチなので、申し分ないです。

 

裏話として、定期購入ですが、初回購入した後に辞めたい場合は、すぐに連絡をして定期購入の停止させることができます。つまり、安い値段で一度購入できてしまうんです。



妊娠線クリームのママミーはamazonや楽天でも購入できるのか?

妊娠線クリームママミーはどこで買えるの?

他の販売店を確認したところ、購入できる場所は楽天市場と公式ページだけでした。基本的な薬局などには置いていません。

 

つまり、

  • 楽天市場で購入
  • 公式サイトで購入

この2つの買い方しかできません。

 

しかし、楽天市場に関しては、定額の7200円でも販売のため、明らかに高い感じに見えちゃいます。ですが、 【妊娠線クリーム ママミー】公式ホームページでは、初回は2980円なので絶対に公式の方がおすすめです。

 

そのため、知っていないと損なんです。

 

公式サイトは定期購入になっているけど解約もすぐ出来るの?

ママミーの定期購入は解約できるの?

公式サイトを見ると、定期購入で初回販売価格2980円になっています。

 

しかし、中には定期購入を決定したら、何ヶ月か買わなければならないじゃないの?

 

このように不安になる人もいるかもしれませんが、大丈夫です。

 

初回限定価格2980円で購入して2回目以降買わないこともできます。一回定期購入にして、1回目の商品が届いたら解約手続きを電話で行えば、すぐに解約できます。

 

特に、解約してはいけない期間があるとか、そういった縛りはありません。

 

しかし、発送10日前までに解約しなければいけません。でも、解約までに十分な時間はあるので、試して効果を確認してから解約するか?継続するか?を決めても良いと思います。

 

あとは、本当に極論ですが、どこよりも安く、妊娠線クリームを買いたい場合は、一回定期購入してすぐ解約することです。

 

しかし、そもそも妊娠線クリームを検討しているのなら、ママミーは間違いないと思いますよ。

 

ちなみに、定期購入の仕方は、

1ヶ月目2980円
2ヶ月目9960円(2ヶ月分届く)
4ヶ月目9960円(2ヶ月分届く)

【妊娠線クリーム ママミー】公式ホームページより

 

このように、2ヶ月おきに届きます。しかも、太っ腹で、定期購入する人には、2ヶ月以降もお得価格で販売しています。2ヶ月分の2本で9960円なので、1本あたり4980円になります。

 

つまり、この値段なら、他の妊娠線クリームより安く買うことができます。きっと定期購入だからこそ出来る特別価格だと思います。

 

結果的にママミー定期購入がどこよりも安い?

ママミーの定期購入がかなり安い

妊娠線クリームは、意外とどこでも高額になります。

 

もともと、妊娠線クリームのママミーは高いと思っていましたが、実際のところ定期購入にすると、どこよりも安いです。

 

だいたい妊娠線ケアは、早くて妊娠4ヶ月あたりから始めた方がいいです。

 

ママミーの場合と、同じくらいのクオリティの他社の平均的な値段から合計の値段を算出してみます。

 

そうすると、次のようなスケジュールが出てきます。

 

【妊娠期間】
【ママミー】
【他社】
妊娠4ヶ月2980円5000円
妊娠5ヶ月9960円5000円
妊娠6ヶ月5000円
妊娠7ヶ月9960円5000円
妊娠8ヶ月5000円
妊娠9ヶ月9960円5000円
臨月5000円
合計 32860円合計 35000円

 

このように、必要月数を計算すると、ママミーの方が安くなります。そのため、【妊娠線クリーム ママミー】公式ホームページで購入するのがお得になります。

 

しかも、送料無料です。

 

実際に、自分が妻に買った時は、いろいろ試して、結果的に妊娠線クリームだけで5万円くらいかけました。

 

それを考えると、結構安くなります。

 

妊娠線クリームを使うときの豆知識

妊娠線クリームの豆知識

 

妊娠線クリームは1日何回塗ればいいの?

朝晩2回が適当です。朝起きて活動する前に塗って、夜はお風呂上がりに塗りましょう。心配な場合は、その都度少し塗る程度であれば効果的です。

 

いつから妊娠線クリームを塗ればいいの?

基本的に、妊娠4ヶ月目です。もちろん早い分には問題ありません。しかし、塗るのが遅れると、皮膚の弾力性が悪いうちにお腹が大きくなり、妊娠線を作ってしまいます。ちょうどつわりが終わって徐々にお腹が大きくなってくる前には塗っていきましょう。

 

妊娠線ができやすい場所はどこですか?

個人差があるので、一概には言えませんが、お腹・胸・お尻・腕・太ももなどです。しかし、腕や太ももは服を着ていても見えてしまう部分なので、特に注意しましょう。

 

出産後の妊娠線ケアは必要?

実は必要です。一回伸びてしまった皮膚が元に戻るときに、肌が乾燥していると妊娠線を作ってしまう場合があります。油断しがちな出産後にこそ注意しましょう。

 

まとめ

妊娠線ケアの大事さと妊娠線クリームの必要性がわかったと思います。

 

その中で、浸透力や肌サイクルの重要性もわかりました。そう考えると、独自処方で浸透力に力を入れている妊娠線クリームのママミーの良さもわかったと思います。

 

しかも、定期購入にすると、格安で購入できます。正直おすすめできる思っています。

 

ちょっとでも良いものを安く、そして後悔しない肌作りに、少しでも妊婦さんの参考になれば幸いです。

 



この記事を書いている人 - WRITER -
コト

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© パパっとワールド , 2019 All Rights Reserved.