妊娠・切迫早産・出産・子育てを応援する情報ブログ

妊婦さんの初診はいつ?検査内容は?妊娠5週目から始まる不安と希望

コト
WRITER
 
妊娠の初診2
この記事を書いている人 - WRITER -
コト

妊婦さんが初診にかかるのはいつ?

 

初診ではどんな検査を行うの?

 

いろんな不安があると思います。

 

そのため、ここでは、

  • 妊婦さんが初診にかかるのはいつ?何週目?
  • 初診で行うたくさんの検査内容
  • 初診の時の持ち物
  • 初診の時の理想的な服装

を詳しく説明していきます。

 

妊婦さんが初診にかかる始めのきっかけはいつ?何週のとき?

まず、妊娠したかわからない状態で、病院に行くのはちょっと気がひけると思います。

 

そのため、はじめて病院にかかるきっかけは、一般的に妊娠検査薬の陽性反応が出て、ちょっとした確証を得てからです。

 

しかし、妊娠検査薬を使用して確認に至るのは、個人差はありますが基本的に妊娠5週目あたりになります。

 

なぜかというと、妊娠1ヶ月目の妊娠0週~3週目は妊娠の症状がほとんどでない妊娠超初期症状の時期で、ほとんどの人が妊娠に気付きません。

 

そして、妊娠2ヶ月目に突入して、妊娠4週~7週目で顕著につわりの症状が出始めて「妊娠したかもしれない?」と思い始めます。それから妊娠検査薬を使用する流れになります。

 

その時期が、ちょうど妊娠5週目の人が多いのです。

 

また、実際に妊娠検査薬の反応時期が妊娠5週目からになります。妊娠いわゆる着床を終えてから徐々にhCGというホルモン(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が増え始めて、生理予定日から1週間後に急激にホルモンの量が増えます。そのホルモンが尿に含まれて出てくるので、妊娠検査薬が反応するのです。

 

つまり、妊娠していれば、妊娠5週目に妊娠検査薬を使用すると明白に結果が現れるのです。

 

このような流れを踏んで、妊婦さんは初診にかかります。

 

妊婦さんが初診にかかるまでの流れ

【妊娠5週目あたり】

  • つわりのような症状が出始める
  • 生理が1週間以上こない
  • 基礎体温の高温期がずっと続いている

もしかしたら妊娠?と思い始めます。

妊娠検査薬を使用して陽性反応が出る。

※妊娠検査薬の反応時期は妊娠5週目からです。

陽性反応が出たところで、自分で妊娠と判断して初診で病院に行く。

【初診結果】

エコーで赤ちゃんの存在を確認できて、心拍が確認できれば、妊娠です。

ちなみに、赤ちゃんをエコーで確認できる周期も妊娠5週目になるので、その前に初診を受けても妊娠の確認ができない場合があります。また、エコーで心拍を確認できれば、子宮外妊娠の心配もなくなります。

 

このように、妊娠の初診にかかるきっかけは妊娠5週目が起点になります。

 

つまり、「妊娠の初診はいつから?」「それは妊娠5週目くらいです!」と言えます。

 

もちろん、妊娠に気付くのが、人それぞれ違い、妊娠検査薬を使うタイミングが少し違ってくるので、多少は変わってきます。

 

【妊婦さんの初診】どんな検査内容があるの?

初診は、

  • 妊娠の確認
  • 妊娠初期の体の状態の基準を知る

このような、とても大事な検査を行います。

 

尿検査を行う

妊娠しているのかを確認するために、妊娠検査薬と同様の尿中のhCGホルモンの確認を行います。

 

また、妊娠した後に妊娠糖尿病や腎臓の病気になりやすい状態なのかを確認します。つまり、事前に病気のリスクを知ります。

 

身長・体重の測定を行う

妊娠期間は、身長はともかく体重管理はとても慎重に行っていきます。

 

理由としては、2つあげられます。

  • 体重の増えすぎによって、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症などの病気を起こさなようにする為
  • 体重の減りすぎによって、赤ちゃんが低出生体重児で生まれて、生活習慣病を起こさないようにする為

このようなリスクを回避するために、まず妊娠初期の身体検査が必要になります。

 

血圧測定を行う

妊娠初期の血圧を知ることが大事です。

 

妊娠高血圧症候群の早期発見や懸念を調べます。その後、定期的に検査して観察していきます。

 

問診を行う

妊娠についてのお話があると思います。

 

これから、

  • どのように過ごすのか?
  • どのようなリスクがあるのか?
  • 持病を持っている場合は、そのリスク対策について

このような、妊娠期間を安全に乗り切るための話をたくさんしてくれます。

 

そのため、事前に自分から包み隠さずに、今の健康状態や持病などをしっかりお医者さんに伝えておきましょう。

 

自分のため、赤ちゃんのためなので、少しでも不安に思うことがあれば、遠慮せずに相談してみましょう。

 

内診を行う

ここでは、膣内の触診を行います。

 

子宮の大きさ・形・硬さなどを調べて、子宮外妊娠や感染症の可能性を調べます。

 

エコー検査を行う

妊娠5週目になれば、赤ちゃんを確認できます。

 

この時期は、まだ胎芽と言われていて胎嚢に入っている状態です。エコーでは黒く丸い形で見えます。

 

ちなみに、妊娠初期のエコー検査は膣内にプローブという器具を入れるものになります。そのため、内診と同じ場所で検査が行われる場合があります。

 

検査結果の報告がある

ここで検査結果が聞かされます。

 

妊娠していれば、「妊娠おめでとうございます」と言われます。

 

嬉しくもあり、不安もある妊娠生活のはじまりです。妊娠の結果・妊娠の状態・出産予定日について話があり、エコー写真ももらえます。

 

【妊婦さんの初診】持ち物は何?

持っていくものは多くはないのですが、持っていくと便利なものも紹介します。

 

健康保険証

通常の妊娠出産に関するものには保険証は使用できませんが、検査結果で他の病気などが見つかれば適用範囲になるので、病院で提示しましょう。

 

少し多めの現金

1番初めの検診は、保険もきかずに妊婦健診のチケットもないため、少し高めの費用になります。

 

ノート・筆記用具

問診・検査結果などの内容を書いたり、はじめて妊娠が分かった時の気持ちを綴っておくと、後から見直した時にいい思い出になります。

 

また事前に、自分から医者に聞きたい質問などを書き留めてから、初診に行っても良いと思います。

 

ナプキン

内診の後に微量の出血をする人もいるようです。そのため、内診後に着用するナプキンを用意しておくと便利です。

 

妊娠検査薬

妊娠検査薬の陽性反応が出たものを持っていくか悩んでいる人もいるかもしれませんが、特に持っていく必要性はありません。

 

基本的に、妊娠検査薬には反応時期があり、時間経過とともに反応の結果に信憑性がなくなります。また、気になる人は陽性反応が出た時の写真を撮っておいて、初診当日の問診で確認してもらってもいいかもしれません。

 

しかし、初診当日に尿検査を行い、妊娠検査薬と同じ検査が行われるので、必要ないと感じます。

 

基礎体温を記した紙

もともと妊活中で、しっかり基礎体温などをつけていた人は、その記録を持っていくと親切です。

 

【妊婦さんの初診】服装はどんなものがいいの?

初診では、エコー検査や内診を行うため、お腹周りや下半身周りを検査することになります。

 

そのため、

  • 着脱しやすいゆったりめのスカート
  • 着脱しやすいゆったりめの上着

を着ていきましょう。

 

病院での検査のため、オシャレする必要もありません。そのため、スキニーパンツやタイトスカートなど、着脱しにくく、体を圧迫する服は避けましょう。

 

まとめ

妊婦さんは初診を受けて、検査を行い、はじめて妊娠が確定します。

 

だからこそ、妊婦さんにとって初診はとても大切な思い出の日にもなります。

 

希望や不安が入り混ざる初診ですが、検査内容を知って、リラックスして受診しましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
コト

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© パパっとワールド , 2019 All Rights Reserved.