妊娠・切迫早産・出産・子育てを応援する情報ブログ

【生後9ヶ月の特徴】ストローで飲めてつかみ食べもできる5つの変化

コト
WRITER
 
生後9ヶ月の成長
この記事を書いている人 - WRITER -
コト

生後9ヶ月の赤ちゃんの一大イベント!

 

つかまり立ちが始まります。

 

つかまり立ちができるようになると、高い場所にも興味をもつようになり、高い場所のおもちゃをとろうとして、手を伸ばして転んでしまうこともあります。

 

とにかく、動き回ることが増えて、立った拍子に転んで大怪我をすることも考えられます。そのため、安全な環境を作って常に行動に目を向けてあげることが大切になります。

 

そんな生後9ヶ月の特徴には、

  • つかまり立ちをする
  • 指先の力もつき、つかみ食べができるようになる
  • ママ・パパの真似が好きになる
  • 探索行動が始める
  • 上の前歯が生え始める

などがあります。

 

つかまり立ちだけではなく、多くの変化があります。赤ちゃんは、まねっこが好きになるので、たくさんあやしてあげましょう。

 

また、指先が器用になり、つかみ食べもできるようになります。もうなんでも、自分で持ってモグモグ食べはじめます。

 

そして、生後9ヶ月で上と下の歯が生え揃うので、少し固いものも食べられるようになります。

 

このように、たくさんの変化がある生後9ヶ月の特徴を詳しく説明していきます。

 

生後9ヶ月の成長・特徴

 

つかまり立ちをする

生後9ヶ月につかまり立ちをする

生後9ヶ月の赤ちゃんは、ずり這い・ハイハイという成長過程を辿って、つかまり立ちをするようになります。

 

ハイハイをたくさんして、足の筋力がついてくると、今度は立つことができるようになっていきます。そうすると、高い場所にも興味を持ち、より活発的に動くようになります。

 

 

つかみ食べが出来るようになる

つかみ食べができるようになる

赤ちゃんは、生後7ヶ月で指を器用に使い始めて、生後8ヶ月になると、指の力もついてきます。そして、物をつまんで持ち上げることができるようになります。

 

そうすると、つかみ食べが出来るようになります。

 

そのため、食べ物以外でも、絵本のページを自分でめくってみたり、ティッシュペーパーを散らかしてみたり、紙を破いてみたり、とても忙しいです。

 

とにかく、好奇心があり、いろんなものを散らかすので、身の回りの大事なものは事前にしっかりしまっておきましょう。

 

ママ・パパの真似をするのが好き

ママ・パパの真似をするのが好き

赤ちゃんは、生後8ヶ月でママやパパの言うことをなんとなく理解するようになります。

 

そして生後9ヶ月を迎えると、ママやパパの声や動作に反応して、声を発したり、動きをまねしてくれます。

 

ちゃんとしたやりとりが出来るようになり、赤ちゃんの反応を見るのがとても楽しい時期です。今までと違った新しいコミュニケーションをとることができます。

 

ママがニコニコしながら手を叩くと、赤ちゃんもニコニコしながら手を叩いてくれます。たまに、変な顔をしてみると、それも真似してくれるので、楽しい表情をたくさん見ることができます。

 

また、成長の早い子は、おもちゃを持って「これどうぞ」と言って渡すと受け取ってくれます。また、「これちょうだい」と声をかけると、渡してくれます。

 

このようなちょっとした声や行動を理解して、やりとりが出来るようになります。そして、こういったコミュニケーションをすることで、赤ちゃんの理解能力もどんどん深まっていきます。

 

探索行動が始まる

探索行動が始まる

この時期の赤ちゃんは、とにかく何にでも興味を持ち、進んで行動して、いろんなんものを触ったり、持ったりします。

 

これが、探索行動です。

 

つかまり立ちをして、今までよりも視界が広がり、自発的に自由に動けるようになったので、とにかく赴くままに行動しています。

 

成長に欠かせない行動なので、安全に配慮して、無理に止めたりしないで見守ってあげましょう。

 

上の前歯が生え始める

上の歯が生え始める

生後7ヶ月で下の前歯が生えて、生後9ヶ月を迎えると上の前歯が生え始めます。

 

乳歯は、虫歯になりやすいため、綺麗なガーゼで拭いてあげるか、歯磨きをしてあげましょう。

 

上と下の歯が生え揃ってくると、今までは歯茎ですり潰すように食べていた離乳食も、噛み切ることができるようになります。

 

少しずつ慣らしながら、野菜スティックなどの食べ物を開始しても良い頃です。

 

ストローで飲むのが上手になる

ストローで飲むのが上手になる

赤ちゃんは、飲み物を吸うという行為もしっかり覚えてくる頃です。ストローコップをもたせてあげると、両手でコップを持って飲み始めます。

 

赤ちゃん用のシリコン製のストローがついたコップを嫌がる場合があるので、もし嫌がる場合は、コップで飲ませる方法を教えてあげてもいいでしょう。

 

生後9ヶ月の赤ちゃんのスケジュール【Mさんママの1日】

生後9ヶ月のスケジュール

赤ちゃんは、生後9ヶ月を迎えて、上の歯も生え始めて、離乳食にも慣れ始めたので、1日3回の離乳食に変更です。

 

そのため、昼寝の時間をうまく調整しながら、生活リズムを変えています。ちゃんと、大人と同じ、朝7時に起きて、朝・昼・晩3食ご飯を食べて、夜8時には寝るという習慣に変えています。

 

それでは、Mさんママの1日のスケジュールを見てみましょう。

 

【時間】
【赤ちゃんの様子】
【ママのやる事】
0時〜6時ねんね睡眠
7時離乳食離乳食補助

母乳

おむつ替え

家事

朝食

8時〜11時ごきげん赤ちゃんと遊ぶ

趣味

12時離乳食離乳食補助

昼食

13時〜15時ねんね趣味
16時〜17時ごきげんおむつ替え

家事

18時離乳食離乳食補助

夕食

19時お風呂お風呂補助

母乳

おむつ替え

20時〜23時ねんね睡眠

 

このように、ほとんど大人と一緒の生活リズムで過ごしています。そして、断乳はまだなので、朝と晩の2回、離乳食の後に母乳をあげています。

 

ちなみに、この時期に断乳を始めたいママさんが増えるそうです。

 

赤ちゃんは、上と下の歯が生え始めて歯がゆいため、たまに乳首を噛んでしまいます。そうすると、傷口が化膿して乳腺炎にかかるママさんが増えるのです。

 

このようなことを考えても、断乳のタイミングは、早めがいいと感じます。

 

1歳や2歳になると、母乳をやめることを嫌がる子供が増えてしまい、断乳が難しくなると言われています。

 

まとめ

生後9ヶ月の特徴には、つかまり立ちという大きな成長があります。今まで以上に行動範囲を広げて、たくさん動くようになるので、安全には気を使いましょう。

 

そして、まねっこして遊べるようになります。気持ちも行動も伝わるようになってくるのは、ママ・パパにとってとても嬉しいことです。

 

より一層、親子のコミュニケーションが取れるようになるので、たくさん赤ちゃんと遊んであげましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
コト

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© パパっとワールド , 2019 All Rights Reserved.