妊娠・切迫早産・出産・子育てを応援する情報ブログ

もしかして陣痛?いつ病院に連絡するの?入院するタイミングは?

コト
WRITER
 
いつ病院に連絡するの
この記事を書いている人 - WRITER -
コト

出産が近くなったら、病院に行かなければならないことはわかるのですが、実際は何をきっかけにして、いつ行けばいいのかわからないという人も多いと思います。

 

いつ病院に連絡すればいいの?

  • 出産の兆候が出たら?
  • 破水したら?
  • 陣痛が始まったら?

 

実は、もっと細かい症状があり、タイミングがあります。

 

はじめに言ってしまうと、いつ病院に連絡するのかは、出産の兆候とは違った別の症状を確認してからになります。ここではそれを説明します。

 

ちなみに、少し違和感があって、自己判断で大丈夫だろうとそのままにしてしまうのは良くありません。そのため、少しでも不安に思ったら病院に連絡することが大事です。

 

しかし、出産の兆候が出てから電話しても、まだ病院に行くのは早く、もう少し様子を見るように言われる場合も実際には多いです。

 

だからこそ、いつ連絡するのかを知っておきましょう。適切なタイミングを知っていると、出産間近のソワソワした不安感も解消されます。

 

実際のところは、出産の兆候が出て、その後の変化が出始めたら、病院に連絡する段取りをとります。つまり、基本的には、兆候が出たらすぐ連絡ではありません。

 

もちろん、出産の兆候の感じ方や状況によるため、どうしても個人差が出てしまいますが、実際は目安になるタイミングがちゃんとあります。

 

【補足】

ちなみに、ここで説明する病院に連絡するタイミングは、出産直前にあたり、入院するタイミングでもあります。

 

それでは、入院する直前の症状を、状況別に説明していきます。

 

この症状が出たら、すぐ病院に連絡をして、入院する準備を始めましょう!

 

いつ病院に連絡するべきなのか?状況別に解説

実際に、出産直前で病院に連絡するのは、陣痛だけには限りません!

  • 緊急を要する場合
  • 感染症の場合

なども含まれます。

 

そのため、状況によって変わってきます。ここでは、その状況を詳しく説明していきます。

 

出血があった場合

出産の兆候として、おしるしという出血もありますが、出血の具合によっては緊急性もあります。

 

少量出血

基本的に、少量出血で血の混じったおりものが出てくる場合はおしるしです。出血も少量で、増えたり出続けたりしないものです。

 

おしるしは、出産の兆候であり、すぐに出産になるわけではありません。そのため、おしるしが出たら、その後に出始める陣痛の症状に注意して待機になります。

 

そして、陣痛が始まり、初産の妊婦さんは10分間隔、経産の妊婦さんは15分間隔の陣痛になったら病院に連絡します。

 

大量出血

大量出血を起こして、出血量も増えて止まらない状態になったら緊急を要します。

 

この場合は、前置胎盤の可能性があります。

 

前置胎盤とは

子宮口を胎盤が塞いでいる状態で、出産が近くなって子宮口が緩んだ時に、胎盤が大きく損傷して出血している場合があります。

胎盤は、赤ちゃんの生命線であり、母体に関しても大量出血によるショック症状を起こす可能性が出てきます。

 

つまり、ママと赤ちゃんに命の危険がある状態です。

 

そのため、この場合は、迷うことなく、すぐに病院に行きましょう!病院では、帝王切開での出産になります。

 

お腹に激痛があった場合

お腹に激痛があり、異常感があった場合はすぐに病院に行きましょう!

 

この場合は、常位胎盤早期剥離の可能性があります。

 

常位胎盤早期剥離とは

これは、正常な位置に胎盤はあったのですが、何かが起因して胎盤が剥がれてしまった状態です。

剥がれた箇所が激痛になり、そのうち出血もします。

 

これも前置胎盤同様で、ママと赤ちゃんに命の危険があります。緊急性が高いです。

 

そのため、病院に行ったら緊急帝王切開での出産になります。

 

陣痛があった場合

緊急性がなく、通常の出産であれば、陣痛があって病院に行って出産するという手順になります。

 

しかし陣痛も、初産であれば未経験の感覚なのでわかりにくかもしれません。基本的には、子宮の収縮が陣痛になるので、お腹の張り感や締め付けられるような痛みが陣痛に繋がります。

 

規則的な陣痛

規則的に一定の間隔でくるお腹の張りが陣痛になります。

 

間隔が規則的になると、時間経過とともに陣痛の間隔は短くなってきます。20分・15分・10分と少しずつ短くなってきます。

 

この時に、初産の人は10分間隔、経産の人は15分間隔になったら、病院に連絡します。

 

不規則な陣痛

不規則の時点で陣痛という言い方もおかしいのですが、それを示唆するように、出産に直結しない陣痛を、偽りの陣痛と書いて偽陣痛とも言います。

 

これは、お腹の張りが不規則であったり、一度は規則的に来ていたものが不規則に変わるものなど様々です。

 

この場合は、病院へ連絡せずに、規則的な陣痛が来た時に連絡をします。

 

破水があった場合

破水があった場合は、そのあと陣痛になって出産につながる場合があります。すぐに病院に連絡しましょう。

 

すぐに出産にならなくても、破水箇所から感染症を起こす危険もあるので消毒が必要になります。

 

発熱があった場合

主に発熱がありますが、悪寒や腹痛を伴う場合は、 子宮内感染症の可能性があります。

 

感染症は、赤ちゃんの命に危険があるため、すぐに病院に連絡しましょう。

 

病院に連絡する時に何を伝える?

病院に連絡する時に、何を伝えたらいいのでしょうか?

 

ママの体の状態を的確に伝えるということは、とても大事になります。まずは、一息ついて冷静に今の状況整理を伝えましょう。例を挙げて説明します。

 

どうされましたか?

パパっとワールドママ

出産予定の○○○です。

今、妊娠38周目になります。

陣痛開始時間は、15時くらいです。

今、陣痛の間隔は10分間隔です。

出血はありません。

破水もありません。

発熱や痛みなどの異常点はありません。

 

このように、

  • 自分は誰なのか?
  • 妊娠何週目なのか?
  • 陣痛の間隔はどのくらいなのか?
  • その他の症状は何があるのか?

の4つをしっかり伝えれば、的確な答えをくれます。

 

病院に着いたら診察を受けて入院するタイミングが決まる

まずは問診を行うので、もう一度ママの状態を伝えます。エコー検査で赤ちゃんの確認と、内診で子宮口の確認を行い、出産が始まると診断されればそのまま入院になります。

 

この診断で、まだ出産でないと判断された場合は、帰宅して経過を見ることになります。

 

まとめ

いつ病院に連絡するのかを解説してきました。

 

通常の陣痛であれば問題ないのですが、緊急性のあるものもあります。

 

そのため、いろんな状況を理解して、出産直前のママの体に起こる症状をしっかり観察していきましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
コト

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© パパっとワールド , 2019 All Rights Reserved.