妊娠・切迫早産・出産・子育てを応援する情報ブログ

赤ちゃんの原始反射!今しか見れない9個のコミュニケーション!

コト
WRITER
 
赤ちゃんの原始反射
この記事を書いている人 - WRITER -
コト

赤ちゃんは生まれたばかりで体の機能が未熟です。

 

だからこそ、原始反射が備わっています。

 

そして、この反射は赤ちゃんが自発的に行動できるようになると、少しずつ消失していきます。

 

今までの赤ちゃんは、お腹の中でママから栄養をもらい、安心してのんびり過ごしてきました。

 

しかし、これからは違います。

 

何もかもが新しい、外の世界で生活していくのです。はじめて自分で呼吸して、自分の口で母乳を飲んで栄養をとります。はじめてのことばかりで、赤ちゃんが全てのことに慣れるまでにはまだまだ時間がかかります。

 

そのため、生まれたばかりの赤ちゃんは、ママの手助けなしでは生きていけません!

 

このように、自発的な行動ができないため、生命を維持するために原始反射が備わっています。

 

原始反射は、無意識に体が反応する動きです。自分で母乳を探したり飲んだり、落ちないように手をぎゅっと握ってつかまろうとしたり、生きるすべを兼ね備えています。

 

この原始反射も、1歳までにはほとんどが消失します。

 

そのため、原始反射でのコミュニケーションは、わずかな期間だけです。

 

それだけ、貴重な体験です。

 

だからこそ、赤ちゃんの原始反射は、

  • どんな動きをするのか?
  • どう接したらいいのか?

これらをよく知って、たくさんコミュニケーションをとって楽しんでください。

 

今だけ!原始反射を知って赤ちゃんとコミュニケーション

原始反射?

 

原始人的な動き?

 

なんか〜うほうほ感満載なんじゃないの?

 

もしかしたら、こんな風に思ってしまうかもしれません。

 

でも、とてもかわいい動作が多いです!

 

だからこそ、我が子の今だけの可愛い表現を大切にしてください。

 

吸啜反射

生後5ヶ月あたりまでの反射です。

 

赤ちゃんの口に指を近づけると、勢いよく吸い付いてきます。とても力強いです。母乳を飲んで自分で栄養を取るために、生まれた時から備わっている、赤ちゃんの今だけの本能と言えます。吸い付いてる仕草も可愛いです。

 

しかし、基本的に何でも吸い付いてしまうので、赤ちゃんの口元には注意です。

 

モロー反射

生後3ヶ月あたりまでの反射です。

 

外からの刺激で、びっくりしたりすると、両手を開き何かにつかまろうとする仕草をします。大昔に木の上での生活をしていた人類の名残と言われています。

 

ぱっと見ではすごく驚いているような仕草に見えますが、人間がもともと持っていた習性の一つのようです。赤ちゃんも疲れてしまうので、光や音などの外からの刺激はなるべく控えましょう。

 

把握反射

生後4ヶ月あたりまでの反射です。

 

手や足に触れると、ぎゅっと握ってきます。これもモロー反射と同じで、もともと持っていた人間の習性です。握り返してくれるので、嬉しくなります。

 

そのため、このシーンを記念写真として撮っている人がとても多いです。何となく握手してくれているようで可愛いです。

 

足底把握反射(プランター反射)

生後9ヶ月あたりまでの反射です。

 

赤ちゃんの足の裏側に触れると、掴もうとぎゅっと足の指が曲がる反射です。一見ちょっとわかりにくい反射ですが、気をつけて見るとよくわかります。

 

バビンスキー反射

生後1歳あたりまでの反射です。

 

赤ちゃんの足の裏側をなぞるように触れると、足の親指が反る反射です。大人でもくすぐったくて反り返ってしまいますが、そんな感じに似ています。

 

ギャラン反射

生後4ヶ月あたりまでの反射です。

 

赤ちゃんの腰を撫でるとお尻が持ち上げる反射です。左側を行うと左のお尻が持ち上がり、右側を行うと右側のお尻が持ち上がります。ちょっと、お尻フリフリしている感じに見えて可愛いです。

 

自立歩行反射(原始歩行)

生後3ヶ月あたりまでの反射です。

 

赤ちゃんの両脇を支えて、足を地面につけると歩く仕草をします。左足を前に出して、次に右足を前に出して歩こうとします。実際歩けるのはまだ先のことですが、歩くという能力が生まれた時から備わっています。

 

引き起こし反射

生後1ヶ月あたりまでの反射です。

 

仰向けに寝ている赤ちゃんの両手を持って引き上げると、まだ首が座っていない状態であっても、自ら上体を起こして頭を上げようとします。これは、正直まだ首が座っていないため、無理に行わない方が良いと感じます。

 

ジェネラルムーブメント

原始反射とは少し異なりますが、無意識にする行動としては同じ意味があります。

 

新生児は、一定のリズムで運動しています。部位ごとの単体での動きはできないのですが、両手を同時にあげたり、手と足を一緒に動かしたりしています。

 

まとめ

赤ちゃんの原始反射を楽しんでください!

 

良いコミュニケーションになります!

 

また、原始反射を知っていると、赤ちゃんが自発的に体を動かすようになった時に気付けるようになります。そうなると、言葉を話せない赤ちゃんでも、行動から何をしたいのか気づいてあげる事が出来るかもしれません。

 

ぜひ、原始反射を知って、赤ちゃんの行動の意味を知りましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
コト

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© パパっとワールド , 2019 All Rights Reserved.