妊娠・切迫早産・出産・子育てを応援する情報ブログ

赤ちゃんの夜泣きには4つの原因がある!5つの対策で乗り切ろう

コト
WRITER
 
赤ちゃんの夜泣きの原因と対策
この記事を書いている人 - WRITER -
コト

赤ちゃんの夜泣きに悩まされるママ・パパは多いと思います。

 

どうして泣き止んでくれないの?

 

あ〜!もう全然寝れないよ!

 

こんな風に、ママとパパは、ちょっと精神的にも肉体的にもきつくなる時期が、赤ちゃんの夜泣きの時期です。

 

ママは、寝不足で体調を崩してしまうかもしれません。パパは、寝不足で仕事に支障をきたしてしまうかもしれません。

 

そのため、少しでも原因を知って、対策をすることで、体を楽にしましょう。それでは、ここで赤ちゃんの夜泣きの原因と対策をしっかり説明していきます。

 

赤ちゃんの夜泣きとは?

夜泣きとは

夜泣きの症状は、基本的に、原因が特に見当たらないけれど、夜になると泣き続けることです。しかも、あやしても、なかなか泣き止まないのが特徴です。

 

少し似ている黄昏泣きと同じと思ってしまう人もいるかもしれませんが、黄昏泣きと夜泣きは別物です。黄昏泣きは、夕方に泣き止まない症状で、コリックとも呼ばれています。どちらかというと、あやしてあげると、比較的早めに泣き止む傾向にあります。

 

しかし、夜泣きは、なかなか泣き止みません。おむつが湿っているわけでもなく、お腹が空いているわけでもないのに、泣き続けます。だからこそ、ママとパパは悩まされてしまいます。

 

ちなみに、この夜泣きですが、早い子で、大体生後6ヶ月から始まり、1歳くらいまでに治るようです。しかし、個人差があり、生後6ヶ月〜2歳くらいまで夜泣きが続く赤ちゃんもいるようです。また、全然夜泣きが起こらない赤ちゃんも、3人に1人くらいの確率でいると言われています。

 

赤ちゃんの夜泣きの原因は何?

夜泣きの原因

明確な原因はわかっていないと言われていますが、いくつかの推測は報告されています。

 

夜泣きの原因は、

  • 体内時計の25時間周期と、1日の生活リズムの24時間周期のズレ
  • 昼間に起きている時間が増えた分、たくさんの記憶が夜に残ってしまう
  • 睡眠サイクルのレム睡眠・ノンレム睡眠の周期が不安定
  • レム睡眠の、眠りが浅い状態ですぐに起きてしまう

このように、4つの不快症状で起きてしまい、泣き出してしまうものだと言われています。

 

赤ちゃんも、生後5ヶ月くらいになってようやく生活リズムが整い、昼起きて夜寝るようになってきます。しかし、生活リズムが整ってきたからこそ、生後6ヶ月目を迎えると、今度は睡眠の状態が気になりだすといった感じでしょう。どちらかというと、赤ちゃんはまだ睡眠の質が悪い状態です。

 

大人でも、夜寝ている時に起こされたり、いろいろ考え事していると寝付けなかったりします。それとちょっと似ていると考えてみると、わかりやすいと思います。

 

だからこそ赤ちゃんも、

  • 浅い眠りですぐに起きてしまい、不快で泣き出す
  • 昼間の記憶が残り、色々考えてしまい寝付けないため泣き出す

この2つが特に信ぴょう性のある原因です。

 

しかし、そもそも生後5ヶ月の時点で、赤ちゃんの生活リズムが出来ていない場合は、睡眠時間も少なく、眠りのサイクルが出来上がっていないことが考えられます。

 

その場合は、まずは朝は何時に起きて、夜は何時に寝るという、規則正しい生活を送ることが大事になります。

 

赤ちゃんの夜泣きの対策はどうしたら良い?

夜泣きの対策

まず初めに、言っておきたいことがあります。夜泣きは、赤ちゃんの成長過程の中に原因があるため、ママやパパのせいではないということです。そのため、深く考えずに、黙々と夜泣きという症状と向き合いましょう。

 

また、明確な原因がないため、確実に効果のある対策というものはないのかもしれませんが、信ぴょう性のある原因を対策することで、解決することがあります。

 

では、対策方法としては、

  • 抱っこして、ゆらゆらして寝かしつける
  • 「大丈夫だよ」などの優しい言葉をかけながら、ポンポンしてあげる
  • 母乳やミルクを飲ませて、いつもと同じ状態にして安心させる
  • 普段聴いている音楽などがあれば、聞かせてあげる
  • おもちゃで、少し遊ばせてみる

などがあります。

 

どれを取っても、大事なのは、

  • 安心させる
  • 気分転換する

ということです。

 

このように、寝付けないなどの不快症状があれば、大人と同じように、考え事を一旦忘れて他のことに没頭するという考えも効果があるとわかります。赤ちゃんの場合は、音楽を聴いたり、おもちゃで遊んだり、気分転換をして寝付きやすい環境にしてみましょう。

 

また、夜寝ている時に起きて泣き出してしまう状態であれば、赤ちゃんは寝起き状態で機嫌が悪く、今の状態を理解できていません。要するに、寝ぼけている状態です。だからこそ、ママが抱っこして、体を密着させることで安心して寝付けるようになります。

 

夜泣きの時期は夫婦で協力しましょう

夜泣きは夫婦で協力

赤ちゃんは、生後5ヶ月になれば生活リズムが整い、よく寝るようになります。しかし、生後6ヶ月目を迎えると、今度は夜泣きでまたママの寝不足生活が始まります。

 

ようやく、安心して長い睡眠が取れるようになったママにとっては、天国から地獄に落ちた気分です。さらに、夜泣きの中、横で寝ているパパを見てイラっとしてしまうママもいるかもしれません。

 

パパも仕事で疲れています。でも、休みの日や週末になったら、ママを休ませて夜泣きしている赤ちゃんをあやしてあげましょう。

 

まとめ

赤ちゃんの夜泣きは、ママ・パパにとってとても大変です。

 

しかし、原因と対策を知って、少しでも赤ちゃんを安心させて、気分転換してリラックスできる状態にしてあげれば、きっと楽に夜泣きと付き合っていけると思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
コト

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© パパっとワールド , 2019 All Rights Reserved.